2006年02月14日

クレマにチョコはのるのか?(バレンタイン編)

ついにやって来たこの日。そう、日本経済になくてはならないバレンタインデー。で、「クレマに砂糖はのるのか!」シリーズの一つとして「クレマにチョコはのるのか?」を思い付いたのでやってみる。

まず板チョコはそのままでは沈んでしまいそうなので、包丁で削って軽くしてみる。
チョコを包丁で削った所

エスプレッソはビーンズコーヒーカンパニーのゴールデンブレンド昼下がりのブレンドを使って抽出。やはり「クレマに砂糖はのるのか!!(デミタスカップ編)」の時と同じように、短かめに抽出。クレマの出は申し分なし。

追記:ゴールデンブレンドではなく昼下がりのブレンドでした。訂正しておわびします。ゴールデンブレンドでもけっこう良いクレマが出るので勘違いしました。

[ 昼下がりのブレンド ]
[ ゴールデンブレンド ]

そして、いよいよチョコをのせる...沈む...
チョコがエスプレッソに沈んだ所
手を放すと同時にシャッター切ったハズなんだけど...一瞬たりとも留まりもしなかった。削りが足りなかった?

しょうがないので、削りかすの方をのせてアレンジドリンクの出来上がり。名付けてカフェバレンタイン
カフェバレンタイン

味はどうかと言うと、イマイチ。チョコをのせる事だけに気をとられてエスプレッソの抽出を失敗した感じ。クレマを多く出そうとして豆の量が多すぎた。あとは精神的なものかな。

バレンタインデーにひとり黙々と自分で買ったチョコを削る男の姿...

これが味覚にかなりの影響を与えている可能性大。

posted by かぷラッテ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

低温殺菌ラテ

近所の方がしぼりたての牛乳もらったそうで、そのおすそ分けを頂いた。
ペットボトルに入っている無殺菌の牛乳
しぼりたてと言ってもその方がもらった時にしぼりたてだそうで、殺菌していないから飲む前に沸騰させてねとのこと。牛乳は沸騰させると成分が変ってしまうらしいから低温殺菌をする事にした。ネットで低温殺菌を調べてみると62〜66℃の温度で30分殺菌するらしい。

低温殺菌に関しては以前に「美味しんぼ」で知ってから気になっていた。で、低温殺菌牛乳の話がある巻を探してみると10巻だった。見たのはかなり昔だなぁ。ちなみに「美味しんぼ」では63℃で30分と書いてある。

[美味しんぼ (10)]

さて、まずもらった牛乳を鍋に入れ温度計で63℃になるまで木ベラでかき回しながら過熱。
鍋に牛乳を入れ温度計で温度を測っている所
その後、蓋をしてさらに温度計を入れているためにできる隙間をアルミホイルで隙間を埋め、温度が下がって来たら点火、5秒ぐらいしたら消火をくり返し、62℃〜63℃をキープ。
蓋の隙間をアルミホイルで埋めた所
これを30分。かなり手間がかかった。

まず手始めにホットミルクで飲んでみると、とてもおいしい。ただし低温殺菌牛乳がおいしいのか、それとも久々に牛乳だけで飲んだせいでおいしいのか、あるいは手間がかかったのでおいしく感じるのか謎だけど。いずれにしてもホットミルクはマグカップで飲むのが良いな。
マグカップに入るホットミルク

そして今度は牛乳を一旦さました後、カフェラテを淹れる。すなわち低温殺菌ラテ
低温殺菌ラテ
スチームした時の感じはいつもの泡立ち加減となんか違う感じだけどおいしい。まあ、いつものカフェラテとの違いは分らないのだけど。

その後、この牛乳を冷蔵庫で冷やしておいて何度かカフェラテをやってみたけど、スチームした時に泡立ちが悪い。これはいつもの牛乳と成分が違うからなのか、それとも自己流低温殺菌が影響しているのかは謎。それから、いつも通りにやっているのになぜか仕上がりがぬるくなってしまうので、スチームする前に少し温めてやると泡立ちも良くなった。温めるといっても冷たくない程度までだけど。スチームする場合、牛乳は冷蔵庫から出して使うのが基本らしいけど、牛乳によってスチーム前の温度も変えた方が良いのかも。長めにスチームしようとしてもうちの家庭用マシンはすぐスチームが弱くなくなってしまうので。

それから失敗が一つ。さっきの「低温殺菌ラテ」は「低温殺菌ラテ」になっていない事に気付く。「低」の字の下の棒を書き忘れてる...まあブログに載せる前に気付いて良かったけど。
低温殺菌ラテ未満

posted by かぷラッテ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

アイスぼたんきょうラッテ

うちの庭にはぼたんきょうの木がある。小さな庭だけどね。4月にはこんな花が咲く
ぼたんきょうの花
もう老木で手入れもしていないので、ここ数年はあまり実がならなかったのだけど、今年は天候が良かったのかたくさん実がなった。これがその実。7月下旬の写真。
ぼたんきょうの実
良く熟れたものは甘くておいしいけど、酸味がけっこうある。7月中には全部落ちてしまったけど、たくさん実がなった年はぼたんきょうジュースの素がつくれる。ぼたんきょうシロップと言ってもいい。ここ数日、暑い日が続いているので、冷蔵庫に残っていたこのぼたんきょうジュースの素を使ってアレンジドリンクを作ってみた。

ぼたんきょうジュースの素をグラスに入れ、氷を入れて、牛乳、エスプレッソを順にスプーンで受けながら静かに注いで層にしてみた。エスプレッソはカフェロッソのポッドを使用。

[エスプレッソポッド10個セット]

そしてアイスぼたんきょうラッテの完成。
アイスぼたんきょうラッテ
で、飲んでみると旨かった。今まで作ったアレンジドリンクの中で唯一のヒット作かも。もっと暑い日に試しておけば良かった。ホットも試したけど、スチームしたミルクとぼたんきょうジュースの素を混ぜた場合は反応して白い固形物が浮いてしまうのでダメみたい。レモン汁と生クリームを混ぜた時にできるようなやつが。アイスの場合でもほとんど気がつかない程度に小さな固形物っぽいのがあったな。

ぼたんきょうジュースの素の作り方

  1. ぼたんきょうに切れ目を入れる
  2. ぼたんきょうをその半分の重さの砂糖と混ぜ容器に入れ、重しを乗せる
  3. 汁が出てくるのを待つ

以上。暑い日に置きっぱなしにしておくと発酵してしまうので注意!「おかしいな。汁が出てこないなぁ。あっ、久しぶりに作ったので切れ目を入れるの忘れてたよ。」と言う場合は、慌てて切れ目を入れて、弱火で少し煮てから濾してもよろしい。その場合はアクが出てくるので取る事。アクを取るのでこの方がスッキリした味になるのかも、面倒だけど。これを3倍ぐらいに冷たい水で薄めれば、ぼたんきょうジュースになる。かなり甘い。まあ、ほとんど砂糖みたいなものだから。

残ったカスは、さらにぼたんきょうとその半分の重さの砂糖を足して弱火でアクを取りながら煮てやればぼたんきょうジャムの出来上がり。自家製コンフィチュールってやつですな。これは甘酸っぱい。いや、かなり酸っぱい。一瓶あれば一年は持つ。パンはあまり食べないし、このジャムもたまに食べればおいしい程度なので。と、ここまで書いてきたけど、ジュースの素とジャムを作っているのはすべて母。

ところで、ぼたんきょうってマイナーなのかな?Googleで検索してもあまりヒットしない。それから漢字で書くと牡丹杏と書くのを今日初めて知った。そう言えば子供の頃に友達の家へ遊びに行った帰りにその友達のお母さんが「これ、もらった物だけど、ぼたんきょうっていうの。珍しいから持って行きな。」とビニール袋いっぱいにくれた。その時は子供心にも「うちに生えてるんだけど。」とは言えなかったな。

posted by かぷラッテ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

コーヒーコーク

暑い日が帰ってきた。冷蔵庫に飲みかけのコーラがあったので、コーヒーコークを作ってみた。久しぶりにポッドでエスプレッソを淹れて、アイスアメリカーノを作る要領で氷で冷やした後、水の代わりにコーラを入れてみた。
コーヒーコーク
見た目はただのアイスコーヒー。味はどうかと言うと、退屈な日常といったところ。刺激が足りない。日がたっていて炭酸抜けてた。え?例えが上手くない?まあ、味も旨くなかったから。

posted by かぷラッテ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

カフェモカ

今日はMONINのヘーゼルナッツシロップとこの前のチョコでカフェモカを作ってみる。前回のモカチーノの失敗を踏まえ今度はチョコをそのまま計量カップで湯せんした所にヘーゼルナッツシロップを混ぜ、そこにエスプレッソを抽出してスチームしたミルクに注いでみた。
カフェモカ
今回の失敗はミルクの泡部分が多かったせいかくっきり分離してしまった事。それからシロップとチョコが多くてエスプレッソの味が弱くなってしまったって事かな。甘過ぎた。それよりもっと寒い日に飲むべきだね、ホットは。

[MONIN ヘーゼルナッツシロップ 250ml]

posted by かぷラッテ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

初モカチーノは薄っちぃのぅ

今日、起きてみると昨日作ったチョコシロップが固まってた。しょうがないと思いまた湯せんしてお湯で溶いてみる。ポッドは切れていたけど、豆は多少残っていた。そこで、カップにそのシロップを入れエスプレッソを落とし、スチームしたミルクを注いでモカチーノってのを作った。チョコ風味はするもののお湯で伸ばし過ぎたため薄い。わざわざシロップみたいにしないでチョコを湯せんしてそのまま混ぜた方が良かったみたい。それかチョコを食べながらカプチーノを飲む。なんかそっちの方がいいかも、口の中に甘さが残らなくて。

posted by かぷラッテ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

チョコっと暑くなってきた

夏はどうやら既に近くに来ていたようで、今日はそこそこ暑かった。でも朝は涼しいのでカプチーノ。いつもならあまり代わり映えのない写真をのせるところだけど、デジカメが持ち主のもとへ里帰りのため、再び戻ってくるまでしばらく文字のみの日記になりそう。

そろそろアレンジドリンクに挑戦すべく、とりあえずスーパーで明治のブラックチョコレートとホワイトチョコレートを買ってきた。カフェロッソの門脇さん著のエスプレッソブックではダヴィンチのチョコレートソースを使っているようだけど、個人では使い切れそうもないので、自作してみる事に。それぞれ湯せんして、作っておいたガムシロップで倍ぐらいに伸ばしてみる。冷やしてみると、ちょいとまだ固いので再び湯せんしてお湯で伸ばす。一応シロップっぽくなったもののチョコっぽさが薄まってしまった。無糖のチョコレート+ガムシロでやると良いのかも。ホワイトチョコレートの方は牛乳で溶いたらどうかと途中で思い付いて半分残っていたチョコでやってみたけど、ちょっと牛乳を入れすぎてユルユルに。と、こんな感じで3種類のシロップっぽいものが出来たんだけど、チョコを削っておいてそこにエスプレッソを落としてまぜても良いんじゃないかと気付く。とりあえずポッド切れのため明日以降に持ち越し。

posted by かぷラッテ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。