2005年07月22日

今日もハート

以前から見ていたブログ MIZUKI CAFE のナカガワミズキさんからコメントがありびっくり。そこで、初めてのトラックバックをしてみる。自分もクマとか書いてみたいな、そのうち。まだハートもままならないけど。

さて、今日もいつもどおりハート。ミルク220ccでスチーミング。いつも後半でスチームが弱くなって撹拌がうまく行かないので、2回に分けてスチーミングしてみた。BAR41はスチームが弱い状態でOKランプが点灯したままだと、そのまま待っていても強いスチームに回復しないみたい。なので最初のスチームが弱くなりOKランプが消えそうになるころを見計らって一度バルブを閉じ、OKランプが消えたあと再度点灯してから撹拌という感じが良いみたい。けどスチームが弱いままOKボタンがなかなか消えなかったので、ピッチャーをはずし少しバルブを開いてOKボタンを消してから、再度点灯するのを待ち、撹拌。ミルクを注ぐエスプレッソはポッドで落としたので1杯分。ミルクが表面いっぱいに広がりそうな予感がしたので、カップ一杯分を別に取ってから注ぐと広がらずに済んだ。

広がらずに済んだハート

たぶんスチーミングがうまく行けばミルクをカップ一杯分取る事なしにうまく行くんだろうな、きっと。あと、泡ももっと細かくしたいところ。それから「ケツ」っぽいところも何とかしたい。

posted by かぷラッテ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(1) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

今日のハート

相変わらず広がってるハート
スチーミング寸前に牛乳が余りない事に気付いて焦る。なんとか150ccあったのでスチームするも、見るからに軽い泡。注ぐ前に結果が分ると嫌な気分。まあ思いっきり突っ込んでみようと注いでみる。で、いつもの通り注いだ瞬間に広がる。

カプチーノ1杯分のミルクをスチームするといつもうまく行かない。

ミルクピッチャー

[LCM ミルクピッチャー600cc(20oz)]

今日はこのミルクピッチャーでやったけど容量600ccなので、ミルクが150ccだとこんな感じにかなり傾けないとBAR41のノズルは届かない。
ノズルを入れて傾けている所
まあ、200〜300ccでスチーミングする時もこのくらい傾けるけど。

ガラスのコップ
カプチーノ1杯分の時はいつもはこのコップでスチーミング。ガラスだと触って温度が分らないからステンレス製の方が良いらしいけど、BAR41を実際に使ってみるまでは2杯分のでいけると思ってた。BAR41の説明書によれば約250〜350mlの容量のピッチャーが適しているって。やはり1杯用のも買うかな。でも結構良い値段するんだよなぁ。

posted by かぷラッテ at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ハートは体の一部

カプチーノを淹れる時は全部ハートを描くつもりで淹れるんだけど...

こんなのになったり
ハート失敗してイチョウ?
イチョウの葉っぱ?

こんなのになったり
太ったハート
まあ、たいていはこんな感じでミルクを注いだ瞬間に広がってしまうパターン。

ひょっとして注ぎ方に勢いがないのかなと思いっきり突っ込んでこんなのになったり。
つっこんでみる
なんか真ん中が盛り上がっているなコレ。

たまにハートっぽくなるけど、コーヒー牛乳の上に荒い泡がのっている感じで味は今一つ。
位置がもう少し下ならとても良いハート形はいい感じのハート

ミルクを泡立て過ぎなのかと思って短かめにスチームしたら今度は泡が「シュワシュワ」と音をたてて消えて行ってこんな感じ。
泡立て不足のハート
ぬるすぎて不味い。

と、まあいろいろ試していると今までとはちょっと感じの違うミルクが出来て。おおっ、コレはもしかしてと注いでみると。
とてもおいしかったハート
形は理想の形とは違うし大きめの泡は浮いてるけど、でも良いんだ。おいしかったなコレは。これか、これがウェットカプチーノか。この時は今までと違ってミルクを泡立てている最初から最後までちゃんと撹拌されていた。ついにコツをつかんだかと思ったんだけど。

その後...相変わらずのハートを淹れ続ける。
広がるハート

これだってドライカプチーノじゃないぞ。ハートなんだ。
ドライカプチーノっぽいハート

それでもメゲずに、これからもハートを淹れ続ける。たとえ、自分ではうまく行ったと思っているハートの数々を自慢げに見せびらかした時に「ケツみたい。」と言われても。

posted by かぷラッテ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

ラテアートとデザインカプチーノのコツ

弟子「先生!最近ラテアートやらデザインカプチーノを始めたばかりなのに既にコツをつかんだそうですね。さすがです!!」

かぷ仙人「ふぉっふぉっふぉ。コツと言ってもそう簡単には身に付けられんぞ。だが教えてやっもよいぞよ。」

弟子「ええっ?本当ですか?ぜひ教えて下さい。」

かぷ仙人「まずじゃな、『こんなデザインにしたい』と心に強く強く思い描くのじゃ。ここで声に出してはいかんぞ。『不言実行』じゃ。心に強く思い描くのじゃ。」

弟子「なるほど、心に強く思い描く...」

メモをとる弟子の傍らで静かに目を閉じ集中する仙人。カッと目を見開きエスプレッソにミルクを注ぐ

不格好に端の方で漂っているハート

弟子「こ、これは...ハートの失敗?」

かぷ仙人「ちょっと静かにしておれ。今、集中している所なんだから。むむむっ...来た来た来た...

『ハート ムンクの叫び風』

...ふうっ。まあこんなもんじゃろ。カプチーノを凝視し、インスピレーションを働かせ、心の底から沸き上がってくる『ソレ』を口にするのじゃ。視覚からの情報を自分の感性で溶かし言葉へと昇華する。俳句やポエムのごとし。まさにアートじゃな。」

弟子「...では、これは何と言う作品ですか?」

ミルクが広がって全然ハートになっていないカプチーノ

かぷ仙人「これか?...これは...えーっと...。こんな時はこうじゃ。」

おもむろに楊子を取り出す仙人

かぷ仙人「ササっとな!!ほれ、こういう事じゃ!!」

顔を書いたカプチーノ

弟子「何ですか?これ?」

かぷ仙人「えっ?な、何って...ね、猫じゃ。猫...」

弟子「...」

かぷ仙人「ま、まぁ。『芸術=写実的』じゃあないって事じゃ。奥が深いんじゃ...芸術は...」

posted by かぷラッテ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。