2005年09月06日

名前にそぐわぬマイルドさ

自家焙煎コーヒー工房のお試しセットをドリップして味比べした結果、自分が一番おいしいと思ったのは浅間ブレンド。去年噴火した浅間山のイメージとは違いマイルドな味だった。まあ、噴火する前からそういう名前だったんだろうけど。

[ 自家焙煎コーヒー工房のお試しセット ]
[ 浅間ブレンド ]

それに自分の味の評価はあまり当てにならない。と言うのも前回から毎日のようにやっている豆当てだけど。19回やって正解たったの2回。正解率わずか10%。勘で当てるよりは多少マシな感じ。ただ味だけではなく豆の膨らみ具合とか豆の色とかでもっと分りそうなもんだけど。果たして、これから正解率が上がって行くのかどうなのか。時間が経って味が変っている可能性もあるのでどうなんだろう?それから豆によって最適な湯の温度とかありそうな気もするので同じ条件で比較していいものやら。まあ、もともと豆を消費するために始めたので別にいいかな。

ところで、あの浅間山の噴火からもう一年経つのか。あの時は物凄い音がしたので、飛行機でも落ちたかと思って慌てて外に出たよ、何もなかったけどね。噴火とは思い付かなかったな。この辺りは直線距離にすると意外と近いみたい。

posted by かぷラッテ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 味比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。