2005年09月03日

アイスぼたんきょうラッテ

うちの庭にはぼたんきょうの木がある。小さな庭だけどね。4月にはこんな花が咲く
ぼたんきょうの花
もう老木で手入れもしていないので、ここ数年はあまり実がならなかったのだけど、今年は天候が良かったのかたくさん実がなった。これがその実。7月下旬の写真。
ぼたんきょうの実
良く熟れたものは甘くておいしいけど、酸味がけっこうある。7月中には全部落ちてしまったけど、たくさん実がなった年はぼたんきょうジュースの素がつくれる。ぼたんきょうシロップと言ってもいい。ここ数日、暑い日が続いているので、冷蔵庫に残っていたこのぼたんきょうジュースの素を使ってアレンジドリンクを作ってみた。

ぼたんきょうジュースの素をグラスに入れ、氷を入れて、牛乳、エスプレッソを順にスプーンで受けながら静かに注いで層にしてみた。エスプレッソはカフェロッソのポッドを使用。

[エスプレッソポッド10個セット]

そしてアイスぼたんきょうラッテの完成。
アイスぼたんきょうラッテ
で、飲んでみると旨かった。今まで作ったアレンジドリンクの中で唯一のヒット作かも。もっと暑い日に試しておけば良かった。ホットも試したけど、スチームしたミルクとぼたんきょうジュースの素を混ぜた場合は反応して白い固形物が浮いてしまうのでダメみたい。レモン汁と生クリームを混ぜた時にできるようなやつが。アイスの場合でもほとんど気がつかない程度に小さな固形物っぽいのがあったな。

ぼたんきょうジュースの素の作り方

  1. ぼたんきょうに切れ目を入れる
  2. ぼたんきょうをその半分の重さの砂糖と混ぜ容器に入れ、重しを乗せる
  3. 汁が出てくるのを待つ

以上。暑い日に置きっぱなしにしておくと発酵してしまうので注意!「おかしいな。汁が出てこないなぁ。あっ、久しぶりに作ったので切れ目を入れるの忘れてたよ。」と言う場合は、慌てて切れ目を入れて、弱火で少し煮てから濾してもよろしい。その場合はアクが出てくるので取る事。アクを取るのでこの方がスッキリした味になるのかも、面倒だけど。これを3倍ぐらいに冷たい水で薄めれば、ぼたんきょうジュースになる。かなり甘い。まあ、ほとんど砂糖みたいなものだから。

残ったカスは、さらにぼたんきょうとその半分の重さの砂糖を足して弱火でアクを取りながら煮てやればぼたんきょうジャムの出来上がり。自家製コンフィチュールってやつですな。これは甘酸っぱい。いや、かなり酸っぱい。一瓶あれば一年は持つ。パンはあまり食べないし、このジャムもたまに食べればおいしい程度なので。と、ここまで書いてきたけど、ジュースの素とジャムを作っているのはすべて母。

ところで、ぼたんきょうってマイナーなのかな?Googleで検索してもあまりヒットしない。それから漢字で書くと牡丹杏と書くのを今日初めて知った。そう言えば子供の頃に友達の家へ遊びに行った帰りにその友達のお母さんが「これ、もらった物だけど、ぼたんきょうっていうの。珍しいから持って行きな。」とビニール袋いっぱいにくれた。その時は子供心にも「うちに生えてるんだけど。」とは言えなかったな。

posted by かぷラッテ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。