2005年08月08日

冤罪?

スーパーで売っているリキッドコーヒーの匂いと味が嫌い。少し前にとあるメーカーのモニターに当ってリキッドコーヒーが送られてきたけどとても飲めなかった。あの「うげぇ」とくる匂いと味は何なのかと。最初はコーヒーを淹れてから時間がたっているからなのではと思っていたけど、以前豆と一緒に買ったこだわりアイスコーヒー(夏季限定)ってのは変な匂いはないし味も悪くなかった。コレはもしかしたら低価格なロブスタ種ってヤツに違いないと犯人の目星を付け、わざわざロブスタの名前がつく豆を取り寄せてみる。

[ジャバロブスタ(生豆時100g)]

しらばっくれるのも今の内さ...否認を続ける容疑者を前にDNA鑑定を待つ取調官よろしくロブスタ100%のアイスコーヒーを淹れてみる。と、そこへ新米刑事が駆け込んできて「先輩!シロです!!」「なにぃ!!」。そんな感じの予想とは違いおいしいアイスコーヒーができてしまう。アレ?コレはどうなってんの?と思ったものの少しとっておいて次の日に飲んでみると、あの嫌な匂いと味が再現された。同じようにマンデリンでも一日おいて試してみるとこっちの方はロブスタの豆ほど嫌な匂いはでていない。どうもロブスタの方が淹れたてと時間がたったものの変化が激しい感じ。いずれにしろコーヒーは淹れたてがおいしいようで。

[マンデリンG1(生豆時100g)]

【関連する記事】
posted by かぷラッテ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。