2006年01月29日

アートカフェオレとIT技術の進歩

思い込みってあるなぁ。アートカフェオレに再挑戦して思った事。ただし今度はカプチーノなのでデザインカプチーノだけど。こさどさんに「気温が低いとチョコシロップが固くなってチョコシロップがミルクに移らない」というアドバイスをいただき、なるほどと思う。いままでは、チョコシロップをそのまま楊子に付けて描くものだと思い込んでいた。そこで、今度はチョコソース(ダヴィンチのチョコソースを使っているのでチョコソースと表記)を温めてから描くことにした。

まずは白いキャンバス。ミルクピッチャーからミルクを注ぐ時にバターナイフで押さえながら、泡部分を残すように注いでみた。
ミルクピッチャーとバターナイフ
だけど全面真っ白にはならず。最後にスプーンで泡をすくってのっけてやれば良いのかも。
カプチーノ

チョコソースはボールに入れ湯せんしてから描いてみるとけっこう細い線が描ける事が判明。こんな具合に字だって書ける。
「痔」という字をチョコソースで書いたカプチーノ

紙に鉛筆で描くのと違う所は、先に描いた線が動く所。それから描き始めの線が太くなってしまう。これは楊子につけるシロップの量の調節しだいかな。後は練習あるのみ。多少の失敗はミルクをすくって、かけてやれば消せる。

それから初めてやる場合の注意点。楊子の予備を用意する。熱中し過ぎて折れるから。あるいは、こさどさんのアドバイスの様にカクテルピンを使う。この方がミルクに上手く移せるらしい。自分は持っていないのでとりあえず楊子でいくことにする。

ちなみに楊子に付いたミルクでチョコの方にも絵が描ける。名付けてデザインチョコソース。
デザインチョコソース:自画像
顔を描いた後にボールを傾けてやれば太ったり痩せたり。
デザインチョコソース:自画像(痩せ顔)

さて、ある程度慣れたところで今度は動物を描いてみた。
デザインカプチーノ:キリン?
首が短いキリン。いや、キリンの子供。ええ、これは間違いなくキリン。

なぜキリンかと言うと、「首が長ければソレと分るだろう」と考えではなく、コレを描いた前の日あたりにgooのトップページのニューストピックスってとこで 排水流出でキリンを書類送検 ってのがあった。「えぇっ、動物も書類送検されるのか!糞の処理が問題になったの?」って思ったのは自分だけではないはず。想像をふくらませつつクリックしてみたらキリンビールのニュースだった。やはり思い込みってあるなぁ。

でも、それを見た時はIT技術の進歩を感じた。そのページの右の方に「動物の人気者たち」と題してキリンの写真があったから。すごいな、ここまで進歩したとは。記事に関連があるボケを自動でしてくれるなんて。ただしベタすぎるのでもう少しツッコミがいのあるボケを希望したい。

posted by かぷラッテ at 19:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとです☆ミ

しかし・・・何故に「痔」。。。
そうそう、多少の失敗はミルクを注がずとも、ティッシュで軽く表面を吸い取るような感じでサッとなでると、消えますよ。めんどくさい時は指先でチョン!ってやっても消えます。

また作品ができたらご連絡ください♪
Posted by こさど at 2006年01月29日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12460299

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。