2005年08月28日

飲めば飲むほど・・・

昨日、新たに豆が届く。自家焙煎コーヒー工房のお試しセット。ショップのメルマガで割引で買える情報があり、その最終日に注文したもの。こういうのがあるから良いね、メルマガを登録していると。たくさん登録し過ぎて読み切れないけど。さて、このショップは標高1500mの菅平高原で焙煎しているそう。菅平と言えば子供の頃、毎年スキーに行っていた思い出の地。今日はその中からそよ風ブレンドと星空ブレンドをドリップで飲み比べてみた。そよ風ブレンドを飲んでみると。あれ?今まで飲んできた豆とちょいと違うなと思った。今まで飲んできたものは、酸味か苦味どちらかが強いか、あるいは両方強くてバランスをとっている感じだった気がする。このそよ風ブレンドはどちらも強すぎず、悪く言えば個性が強くなく、良く言えばマイルドで飲みやすい感じがした。こういうコーヒーもあるのか。続いて星空ブレンド。うーむ。あまり違いが分らない。強いて言えば、そよ風ブレンドの方が酸味があるような気がする。でも、商品のページをみると、そよ風ブレンドの方は酸味はほとんどなく、星空ブレンドは上品な酸味があるそうな。コーヒーを飲めば飲むほどますます味が分らなくなってきた気がする・・・。しかしリムジンって長いね。

[★あれ?スッパクなーい!煎りたて新鮮なコーヒー豆はスッパクありませんクマさん珈琲が初めて...]
[注文後1500m高原で焙煎 煎りたてを発送【高原のそよ風ブレンド】100gパック約12杯分]
[プロポーズにうっとり 高原の星空ブレンド 100g]
プロポーズにうっとり 高原の星空ブレンド 100g

posted by かぷラッテ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 味比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ガスパチョとアイスコーヒー

ガスパチョ好き。人によって好みは分かれるみたいだけど。暑い日にとても良い。難点は暑過ぎる日には作るのも面倒臭くなってしまうって所か。トマトの皮を剥いて野菜を切ってミキサーにかけるだけだけど。あとパンを入れるといいな耳をとって。にんにくは入れ過ぎると辛くなるので少なめに。で本題のガスパチョとアイスコーヒー。
ガスパチョとアイスコーヒー
ガスパチョとアイスコーヒーは似ている。暑い日に良く冷えたものを飲むとおいしいって所が。

posted by かぷラッテ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

コーヒーコーク

暑い日が帰ってきた。冷蔵庫に飲みかけのコーラがあったので、コーヒーコークを作ってみた。久しぶりにポッドでエスプレッソを淹れて、アイスアメリカーノを作る要領で氷で冷やした後、水の代わりにコーラを入れてみた。
コーヒーコーク
見た目はただのアイスコーヒー。味はどうかと言うと、退屈な日常といったところ。刺激が足りない。日がたっていて炭酸抜けてた。え?例えが上手くない?まあ、味も旨くなかったから。

posted by かぷラッテ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ボブロス画法とこぼれたミルク

昨日、爆笑問題が司会をするテレビ番組でボブロス画法を取り上げていた。あのおじさんがボブロスって名前だって事と、亡くなってからもう10年もたっている事を知った。以前にNHKのBSで彼の番組を観たのはいつの頃だったのだろうか。あっという間に綺麗な風景画を描くので観ていて楽しかったのを記憶している。

さて、言うまでもなくコーヒーは淹れたてが一番おいしい。デザインカプチーノにする場合でも時間をかけて絵を描いている暇はないので、ひょっとしたらこの画法の山の描き方を取り入れられるかとやってみた。
山
山に見えるのかな?これ。ダメだな、時間がかかり過ぎる。それから・・・

これが山に見えて、太陽の位置と山陰の向きが変じゃない?と思った皆様へ
ぎ、ぎくっ。えー、これは昼間で満月が出ている所です。

1杯目にハートを描こうと思ってこぼしてしまい、動揺したって事で。
こぼしたハート
現場はこちら
ミルクをこぼした現場
勿体ないから顔描いとこ。
かぷチーナ かぷチーナ側面

ぴちょんくん及びドリッピーの関係者の皆様へ
似ているかも知れませんが、別人(?)です。彼女の名前はかぷチーナ、性別は女性。それから湿気や雨だれではなく、エスプレッソ+スチームミルクですので。

posted by かぷラッテ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(3) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

便も時に貴重なり

江戸時代、大名屋敷から出る便は栄養があり肥料に適していたため高値で取り引きされていたそう。コーヒーにも動物の糞から取り出した豆が高値で取り引きされているって事はWikipediaのコピ・ルアクのページで知ってはいたけど入手不可能なのかと思っていた。取り扱っている所があったけど、100gで4000円超はちょいと手がでないな。ブルーマウンテンも飲んだ事ないぐらいだし。味はどうなんだろ?調べてみるとジャコウネコだけではなくモンキーコーヒーやたぬきコーヒーってのもあった。いつも飲むコーヒーがこの手のものという方も。一度は飲んでみたい気もする。

[世界一高価! アラミド コーヒー100g 希少価値あり]
[再入荷予定日未定!世界で一番高価なコーヒー豆アラミドコーヒー100gが最終価格4,225円!10セッ...]

posted by かぷラッテ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

怪談

怖えぇ。憑いているんだろか。いつも通りハート絵のカプチーノに挑戦したら。なんかおどろおどろしいハート(?)になった。
おどろおどろしいハート
泡ばかりのミルクで全面真っ白になるのを恐れて逆に泡部分の不足でミルクを注いだ流れに漂ってこんなのになってしまった。2杯目の方はクマを描いてみる。
クマ
耳の位置が変。それから眉毛(?)を描き忘れた。でもこんなのでも和むね、クマさんは。さっきのハートの方は少し飲んで顔を描いたらよけい怖くなった。
怖い顔
でもね・・・

世の中には本当に怖いものがあるんだよ・・・

そいつは冷蔵庫に眠っていた。納豆に付いてくるからし。納豆にはからしをめったに入れないのでとっておくんだけど(からし和えとか、冬ならおでんとかに使う)しばらく眠っていたようだ、そいつは。緑色のからし。怖えぇ。

posted by かぷラッテ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

ハートを描くために その2

今までより厚いクレマが出るようになってきたので、このクレマにミルクを注いだらどうなるかとミルクをスチームしてからエスプレッソを抽出する事にしてみた。今までミルクをスチームしてからエスプレッソを抽出した場合、大抵は注いだ瞬間にエスプレッソの表面に広がってしまうパターンだった。さて今度はどうなるかと、いつも通りにミルクを注いでみるとハートにはなっていないけど注ぎ方によってはうまく行くんじゃないかと期待させるようなのが出来た。
周りが髪の毛っぽくなったハート
とりあえず、周りが髪の毛っぽくなったので目と口を描いてみる。
ガール
まあ、女の人の顔に見えなくもない。同じミルクを2杯目に注ぐといつも通りうまく行かない。
おたまじゃくしみたいなハート
2杯目はなんらかの絵を書く方向へ移行した方が良いのかも。とりあえず1杯目に集中することにした。ここまでは昨日の話。で、今日はミルクのスピードはいつも通りで注ぐ位置をカップのふちとカップの中心の間に注いでみたらどうなるか、と思っていたらそれ以前の問題が発生。
全面真っ白でハートになっていないハート
全面真っ白になってしまった。たぶんミルクを注ぐまでの間に時間があり撹拌されていた軽い泡が浮いてくるため今までよりスチームしたミルクの質の良さがシビアになるのではないかと。やはり問題はミルクのスチーミングにあるようだ。道は険しい。

posted by かぷラッテ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

クレマに砂糖はのるのか!

さらにクレマが厚く出るようになった。このくらい
さらに厚いクレマのあるエスプレッソをショットグラスとデミタスカップに抽出したところ
豆はナチュカフェのプリマベラを使ってみた。エスプレッソ向きの豆かどうか分らないけど(商品のページタイトルはやや深煎りとあるけど商品名には中煎りとなっている。)とりあえずあったので。現在は売り切れの様子。いつもより多少多めに入れ強くタンピングしたらクレマが厚くなった。再び砂糖のせに挑戦。前回はちょいと湿気を吸ったようなグラニュー糖だったのがまずかったのかと思い、新しいグラニュー糖を使ってみた。
あっさり沈む砂糖
あっさり沈む・・・。しかしショットグラスの方へ砂糖を入れている時に気付いた。デミタスカップの口径がショットグラスより大きい事に。そうか、デミタスカップではショットグラスよりクレマが薄くなるんだ。もう一度エスプレッソを抽出して今度はショットグラスの方へ砂糖をのせてみると・・・
ショットグラスに抽出したエスプレッソのクレマに砂糖がのっているところ
砂糖の白い部分が写真に撮れた。もう一度のせる。
ゆっくり沈む砂糖
おおっ、やはりクレマが厚いと砂糖はのるのか!まあ、正確にはゆっくり沈むってとこだけど。味はどうかと言うと、この前にエスプレッソもおいしく感じるようになったみたいな事を書いたけど・・・やっぱり濃いな。やはりアメリカーノにした方が好きかも。あるいはこのエスプレッソがイマイチなのか?

ちなみにこちらはズル写真。
デミタスカップのエスプレッソに粉糖が浮かんでいるところ
粉糖を使用。粉糖の場合、クレマの全然ないドリップコーヒーでものっかる。と言うか写真を撮る間ぐらいは浮いている。
ドリップコーヒーに浮かぶ粉糖

[人気No.1『プリマベラ』 (中煎り) 250gパック]

posted by かぷラッテ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エスプレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

豆当て

これは不味いな。コーヒーの味ではなく冷凍庫にたまってしまった豆の事。あの豆はどうか?この豆は?といろいろ買っているうちに好みに関わらず以前に増していろいろなコーヒー豆がたまってしまった。豆は新鮮でなくてはと少量ずつ買う事にしていたのにこれでは元の木阿弥。さてどうしたものかと思案し、これだけ飲んだのだから少しは味が分るようになったのではと豆当てをする事に。それぞれ一人前ずつ袋に分けて豆の銘柄を書いた紙を折っていれ、さらにそれを一つの袋にまとめる。14種類もあった。そして、その中から一つ取り出してドリップ。チョコブランデーケーキを食べながら味見。
ドリップコーヒーとチョコブランデーケーキ
ちなみに、ケーキ用のちょうど良い皿がなかったのでデミタスカップのソーサーで代用。

コーヒーを飲んでみると、「苦味がある、しかし口に含んだ時は酸味を感じる、後味はさっぱりしている、飲みやすい」と思う。これはサルビアブレンドだなと思って答え合わせをすると・・・ハズレ。珈琲問屋のガテマラの焼き方指定+40秒だった。まだまだ味が分かるようにはなっていないようだ。ここで間違ったのと比べてみれば違いが分かったかも知れないけれど、何もおいしいコーヒーとケーキの余韻に浸っている所へ水をさす必要もないと止めておいた。

[サルビアブレンド100g]
[ガテマラ(生豆時100g)]

posted by かぷラッテ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ハートを描くために

ハート絵のカプチーノを淹れるにもいろいろな要素が絡んでくると思われる。エスプレッソの質、エスプレッソの抽出とミルクのスチームの順番、スチームするミルクの量、ミルクのスチーム具合、カップはどれにするのか、カップは持つのか置くのか、ミルクを注ぐ速度、ピッチャーの動かし方等。今まではその度にいろいろ変えているものだから何をどうすればいいのか分らなくなってしまっていた。そこで簡単に条件を一定にできるものは一定にしてその他のものはポイントを絞って変えて行く事にした。

簡単に条件を一定にできるものは抽出とスチームの順番、スチームするミルクの量、使うカップ、カップを持つのか置くのか等。まず抽出とスチームの順番は抽出を先にする事にした。抽出を先にした場合クレマは大抵消えてしまうけど、現時点では時間がたったミルクの状態変化の方が激しいのでとりあえずはミルクのスチームが終ってすぐ注げるように抽出を先にする。カップは珈琲問屋で買った二つのカプチーノカップ アマルフィとロンドを使いアマルフィの方から先にミルクを注ぐことにした。ま、これしかないので。

[ノバポイント(nuovapoint)・カプチーノカップ アマルフィ]
[ロンド・カプチーノカップ&ソーサー]

で、この二つカップにミルクを注いだ時に多少余る230ccのミルクをスチームする。カップは3Cさんの34丁目の珈琲屋というサイトにラテアートの書き方というページがありハートの描き方がのっているのでそれを参考に置いてミルクを注ぐ事にした。今まではエスプレッソブックを参考にカップを手に持って傾けてやっていたけど条件を一定にするために置く事にする。ミルクを注ぐスピードはこれまた3Cさんのブログのラテアート強化月間フィードバックという記事を参考にして水で練習して一定に注げるように練習することにした。あとはエスプレッソの抽出を安定させ、ミルクのスチームに焦点をあててやってみる。現在は二極化状態ですごい泡か最後までミルクが浮かんでこないような状態なのでそれをちょうど良い状態にしたい。

そして、できたのがこちら
泡が多いけど形はそこそこのハート くっきりとはしないけどハート まだ泡が多いハート
いずれも最初のカップ。大きい泡を徐々に消して行きたいところ。2杯目に注いだものはうまく行かず
銀杏の葉っぱっぽいハート 面長?なハート
最後のは...
ハートの片鱗すらないハート
何だこりゃ。こんな時は、90°回して
デザインカプチーノ フグ
フグ

posted by かぷラッテ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

コクって何?

苦味と酸味は分るんだけどコクってのが良く分らない。コーヒー豆を売っている店に味覚チャートがあると酸味と苦味を一方の軸にもう一方の軸にコクをとっている場合は大抵苦味が強い豆ほどコクも強くなっている。で、そのコクを知るために珈琲問屋の「コクのあるブレンド」と「苦味のあるブレンド」をドリップして比べてみる。結果、「苦味のあるブレンド」の方が苦味があるとしか分らなかった。やはり同じ苦味でコクが強いものと弱いものを比べてみないと分らないのかも。でも、もし「コクのないブレンド」ってのがあっても売れなそう。それから味の印象って飲む順番によって変ったり、同じコーヒーでも一口飲んだあとまた少しして一口飲んでみると違ったりして良くわからず。まあ、おいしいかどうかだけ分ればそれで良いんじゃないかとも思う。

[コクのあるブレンド(生豆時100g)]
[苦味のあるブレンド(生豆時100g)]

posted by かぷラッテ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 味比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

クレマに砂糖はのるのか?

ナチュカフェの ぐるめ でエスプレッソを淹れてみると、いつもよりクレマが厚く出る事を発見。クレマが厚いと砂糖をのせてもすぐには沈まないらしいので試す事に。しばらくエスプレッソが入ることのなかったデミタスカップを取り出し、抽出。ショットグラスに抽出したエスプレッソのクレマをみるとこの位。
クレマのあるエスプレッソをショットグラスとデミタスカップに抽出したところ
そして、グラニュー糖をのせてみると...
砂糖があっさり沈んだエスプレッソ
あっさりと沈んだ。えぇ、まさにあっさりと。エスプレッソブックの中の写真を見るともっとぶ厚くクレマが出てるのでこのくらいじゃダメみたい。でも久しぶりにエスプレッソを飲んでみるとおいしく飲めた。以前は濃いだけであまりおいしいとは思えずそれ以来ずっとカプチーノやアメリカーノで飲んでいた。ほとんど使う機会のなかったデミタスカップが無駄にならずに済みそう。それが分かっただけでも今日は良し。

[ぐるめ!(深煎り) 250gパック]

posted by かぷラッテ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エスプレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

ぐるめとサルビアブレンド

今日はナチュカフェの ぐるめ とサルビアコーヒーのサルビアブレンドをドリップで飲み比べてみた。どちらも自分好みの後味に酸味が残らないスッキリとした味のイメージだったけど、比べてみるとずいぶん違った。まあ、ぐるめの方が深煎りで見た目からして違ったんだけど。ぐるめは前飲んだ時は感じなかった後味の酸味を感じた。これは時間経過が関係しているかも知れない。あるいは味が分るようになったのか?サルビアブレンドは苦味と酸味がバランスよくて飲みやすい。今日の感じでは ぐるめ はケーキや菓子類にあわせ、サルビアブレンドはコーヒーだけで飲むとよさそう。

[ぐるめ!(深煎り) 250gパック]
[サルビアブレンド100g]

posted by かぷラッテ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 味比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

救世主

今日はいつも通りカプチーノを淹れる。
アワアワのハート曲がったハート
アワアワでうまくハートにならず。いつもならちょいと憂鬱な気分で飲むところだけど、「救世主あらわる」と、ラスクを取り出す。
ラスク
この組み合わせは結構よろしい。やはり「失敗したぁ。」とヘコんで飲むより楽しみながら飲んだ方が良いね。ついでに「ウルスラ」って何?という疑問を解決してスッキリするとさらによろしい模様。

Googleでウルスラを調べる

posted by かぷラッテ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

カフェモカ

今日はMONINのヘーゼルナッツシロップとこの前のチョコでカフェモカを作ってみる。前回のモカチーノの失敗を踏まえ今度はチョコをそのまま計量カップで湯せんした所にヘーゼルナッツシロップを混ぜ、そこにエスプレッソを抽出してスチームしたミルクに注いでみた。
カフェモカ
今回の失敗はミルクの泡部分が多かったせいかくっきり分離してしまった事。それからシロップとチョコが多くてエスプレッソの味が弱くなってしまったって事かな。甘過ぎた。それよりもっと寒い日に飲むべきだね、ホットは。

[MONIN ヘーゼルナッツシロップ 250ml]

posted by かぷラッテ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

相変わらず

最近はミルクがなかなか浮がないパターンばかり。おまけにミルクが浮かないなぁと思っている間にカップ一杯になりこぼしそうになったり、実際にこぼしたり。
ミルクが浮いてこない葉っぱ
一応リーフに挑戦したんだけれども。

ハートもうまく行かず。
ハート失敗 小っさいハート?

泡が少ないと注いだミルクで出来た流れに浮かんだミルクが漂ってお化けが出たり。
お化けと化したハート
画力があればもう少しマシなお化けになりそうだけど。

ハートもうまく行かないのにリーフを描いてもねぇ。
葉っぱにならず 一応リーフミルクが浮いてこないリーフ
しばらくこんな写真が続くと思われる。

posted by かぷラッテ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

冤罪?

スーパーで売っているリキッドコーヒーの匂いと味が嫌い。少し前にとあるメーカーのモニターに当ってリキッドコーヒーが送られてきたけどとても飲めなかった。あの「うげぇ」とくる匂いと味は何なのかと。最初はコーヒーを淹れてから時間がたっているからなのではと思っていたけど、以前豆と一緒に買ったこだわりアイスコーヒー(夏季限定)ってのは変な匂いはないし味も悪くなかった。コレはもしかしたら低価格なロブスタ種ってヤツに違いないと犯人の目星を付け、わざわざロブスタの名前がつく豆を取り寄せてみる。

[ジャバロブスタ(生豆時100g)]

しらばっくれるのも今の内さ...否認を続ける容疑者を前にDNA鑑定を待つ取調官よろしくロブスタ100%のアイスコーヒーを淹れてみる。と、そこへ新米刑事が駆け込んできて「先輩!シロです!!」「なにぃ!!」。そんな感じの予想とは違いおいしいアイスコーヒーができてしまう。アレ?コレはどうなってんの?と思ったものの少しとっておいて次の日に飲んでみると、あの嫌な匂いと味が再現された。同じようにマンデリンでも一日おいて試してみるとこっちの方はロブスタの豆ほど嫌な匂いはでていない。どうもロブスタの方が淹れたてと時間がたったものの変化が激しい感じ。いずれにしろコーヒーは淹れたてがおいしいようで。

[マンデリンG1(生豆時100g)]

posted by かぷラッテ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ハートと初リーフ

今日はまず、スチーミングの時の蒸気でどれだけ牛乳が薄まっているか調べてみた。いつも自分が作るカプチーノ2杯分の約225ccの牛乳をスチーム前と後で測ってみると26g増えていた。空気の重さってどれぐらいか知らないけど無視できるとして、カプチーノ一杯あたり大体13ccのお湯を入れているようなもの。まあ、できあがったカプチーノを飲んでみて薄いようならエスプレッソを濃く抽出すれば良いんだな、多分。

失敗した写真もアップすると書いたのに、うまく行かないとどうもブログ書くこと自体が面倒になってしまう。同じような写真ばかりになるし。昨日もハートに挑戦したけど、注いだ瞬間に広がるパターンに逆戻り。その前の日にはミルクが余り浮かばなかったので、泡立てを意識してみたけど、軽い泡を作り過ぎたよう。どうも、BAR41のミルクフロスターとやらは特に意識しなくても泡を簡単に作ってくれるようで、撹拌に集中した方が良いみたい。今日の場合、最初はスチームは良かったのか大きな泡がほとんどなくできた。でも、うまくハートにはならず。
ハートにはならなかった ハートにならず
2杯目は特に。しょうがないのでお化けっぱくしてみる。
一応お化け
まあ、一応お化けってことで。

次はミルクのスチームをしてからエスプレッソを抽出してみたけどスチーミングで大きな泡が残ってしまった。リーフにも初挑戦。
ハート 初リーフ
ダメだこりゃ。まあ初めはこんなもんかと思いながらハートの方をちょいと飲んで顔を書いてみる。
顔
存在感...薄っ。豆はいずれもヴィータブレンド。

[ヴィータブレンド100g]

posted by かぷラッテ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

門脇さん兄弟のブレンド比較

今日は朝ジョギングを終え、シャワーを浴び、アイスアメリカーノを飲む。汗をかいたあとの冷えた一杯はとてもおいしい。

朝食時にヴィータブレンドとロッソブレンドをドリップして比べてみる。豆を見た感じでは、ロッソブレンドの方が深煎りのよう。ちょいと失敗したなと思ったのが、飲みくらべる前に味の特徴をもう一度読んでからその特徴を意識して比べれば良かったって事。ちなみに、それぞれのページによるとヴィータブレンドは軽い味わいの中に、しっかりとしたアロマ、ロッソブレンドは芳醇な香り。アフターテイストが長く、豊かなアロマだそう。自分がわかったのはヴィータブレンドの方が酸味があるって事だけだった。しまったなコレは。今度はアメリカーノで比べてみよ。

[ヴィータブレンド100g]

[ロッソブレンド 100g]

posted by かぷラッテ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 味比べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ハートその後

相変わらずハートはうまく出来ず。注いだ瞬間に泡が広がるパターンを抜けだせたかと思ったら今度はミルクが浮いてこない。泡が少ないのかな。カプチーノと言うよりカフェラテ?
ハート小っさ!
家庭用マシンではラテアート向きのミルクのスチーミングが難しいんだそうで。でも「芸術は道具じゃないんだぁぁっ」と心の中で叫びつつ、失敗作もの載せていく予定。失敗作ばかりになるのか、少しずつ上達して行くのか、こう御期待。それから楊子を使って何か描くという手もあるなと少し前に心向くまま描いてみたのがこちら。
鳥?
絵心...全くねぇ。でも1年後はすごい事になっている、とここに宣言しておきましょう。このブログが続いていれば。

posted by かぷラッテ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテアート&デザインカプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。